あぎじゃびよー (感嘆詞・驚き4)

[あれーっ、あれまあ、えー、おっと、おぉー、あぁ]

あぎじゃびよー・ドラえもん「あぁ、なんてこったー」「なんじゃこりゃー」という感じ失敗した時やうっかりした時に発する“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

「あきさみよー」と同じですが、どちらかというと、発言者が自分自身へ「なんてこった」という気持ちが強く、自分の思惑と大きく違っていたり、うっかり失敗したときなどに口から出てくる“うちなーぐち”になります。
例えば、ダイエットに成功したのに、リバウンドしてしまったとき、「あぎじゃびよー」と発します。若いウチナーンチュよりは、年配の人が発することが多いですねぇ。

「あぎじゃびよー」のバリエーションとして、
「あぎじゃびよい」
「あぎじゃべー」
「あぎじぇ」
「あぎじゃい」があります。
とくに「あぎじゃべー」は、予想から外れたときの、ちょっといまいましさを漂わせる言葉です。例えば、勝つと思っていた試合が負けると「あぎじゃべー」となります。

◇例文

あぎじゃびよー、でーじ・なたん
[なんてこった、大変なことになった]

あぎじゃびよい、ふりむん・あらに
[えー、バカじゃないの?]
ふりむん=バカ、気違い

あぎじゃべー! ちちゅせ、あらんたん
[えー、聞くんじゃなかった]

あぎじゃべー、ひんぎれー!
[えー、逃げろ~]

あぎじゃべー、しかさっとーん
[えー、だまされた]

あぎじゃびよい、しかまさんけー・ひゃー
[え、びっくりさせないでよ]

あぎじゃびよー、なー・しむん
[あー、もういい]
(あきらめの言葉)

◇メモ◇

人気のヤギも登場して繰り広げられるお笑い劇場「あぎじゃび商店」
2012年3月23日に豊見城市立中央公民館で開催された地域活性化イベント『チャー­スガ!?ワッターとみぐすく!!』の中で演じられた喜劇『あぎじゃび商店』の模様です。