挨拶・会話

たまし・ぬぎたさ (感嘆詞・驚き7)

[魂が抜けたよ → びっくりしたさ]

たまし・ぬぎたさ=魂が抜けたよ今回は、「感嘆詞」ではないですが、“うちなーぐち”の「驚きの表現」を集めてみました。

死ぬほどびっくりした、というのを、沖縄では「たまし・ぬぎたん」[(体から)魂が抜けた]と言います。
例えば、うちなーの大きなゴキブリ(ヒーラー)が、目の野前に飛んできたときや、子供がけがしたことを聞かされた時など、瞬間的な驚きのあと、落ち着いたところで、「たまし・ぬぎたさ」[魂が抜けたよ → びっくりしたさ]と少し安堵感を込めて出てくる“うちなーぐち”です。

◇例文

たまし・ぬぎたさ
[魂が抜けたよ → びっくりしたさ]

あきさみよー、たまし・ぬぎたん!
[あぁー、びっくりした!]

まぶい・うとぅちゃん
[魂を落とした → とても驚いた]

でーじ・しかます!
[とても、びっくりした]
しかむん=おじける、びっくりする

でーじ・どぅまんぎたん!
[とても、びっくりした]
どぅまんぐぃゆん=うろたえる、あわてる、狼狽する
どぅまんぐゎすん=うろたえさせる、あわてさせる

◇メモ

タマシーとマブイ難しい「タマシ」「マブイ」
タマシ : 魂、精神、人としての心
マブイ : 霊魂(肉体と別に、肉体から遊離したり、死後も存続すると考えられている魂のこと)、“マブヤー”ともいう。

「タマシー」は死んだ人の霊魂で、「マブイ」は生きている人の霊魂という説明を聞いたことはあるが、その区別だけで使用しているようには思えない。いわゆる“テーゲー”で、ごちゃ混ぜで使っているように感じます。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




まさかやー/まさかひゃー (感嘆詞・驚き6)

[まさか!本当に?マジ?]

まさかやー・まさかひゃー「まさか、マジ?」「まさか、本当?」という感じで、予期しないことを聞いたり、見たりした瞬間に出てくる驚きの“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

「まさか」は、もちろん共通語なので古い“うちなーぐち”ではないですが、この「まさか」には、ウソ・ジョーダンだろというニュアンスが含まれていて、沖縄での使用頻度は高めな言葉です。

「まさかやー」と「まさかひちゃー」の違いは、イントネーションで、「まさかやー」は下降調[⤵]になり、「まさかひゃー」は上昇調[⤴]になります。

◇例文

いなぐ、できたんどー
[彼女(女)、できたよ]

まさかやー!
[まさか!]

しに・ちゅらかーぎー・どー
[とても美人だよ]

まさかやー!
[まさか!]

やがてぃ、にーびち・するはじどー
[やがて、結婚するはずよ]

まさかひゃー!
[まさかー、マジに!]
“信じられなーい”という感じ

◇メモ

ゆくさーやー=ウソだろー今の沖縄でよく使われる「まさかやー/まさかひゃー」ですが、昔ながらの“うちなーぐち”は、おそらく「ゆくさーやー/ゆくさーひゃー」でしょう。ただし、あまり耳にしなくなっています。

「ゆくし」ウソのことで、「ゆくさー」ウソをつく人・嘘つきになり、「ゆくさーやー/ゆくさーひゃー」で、ウソだろーという感じで使います。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




あんまよー (感嘆詞・驚き5)

[あれーっ、あれまあ、えー、おっと、おぉー、あぁ]

あんまよー「あれまぁ」「あれっ」という感じで、落胆・あきれている気持ちが含まれる驚きの“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

母親を意味する「あんまー」から派生した“うちなーぐち”なので、親・上から目線でのあきれている驚きになります。

◇例文

あんまよー、いっぺい、やなかーぎー・やたん
[はぁー、とてもブサイクだった]
やなかーぎー=ブサイク、ブス、不美人

あんまよー、あんし・はごーさぬ
[まぁーっ、なんて汚いことよ]

あんまよー、いっぺー・たかさんたん
[えー、とても(値段が)高かった]

あんまよー、まーこーねーん・たん
[はぁー、おいしくなかった]

あんまよー、わかむんぬちゃー・や、むのー・うまーん・やさやー
[はぁー、若者達は思慮が足りないことよ]

あんまよー、じゅんに・なー
[はぁー、本当にねぇ]

◇メモ

驚きの表情“驚く”にもいろいろありますが、ここでは、「体の部位」が入った驚きの表現(日本語)を集めてみました。

あっ!と走る。
心臓がばくばくとを打つ。
どきり、と心臓の鼓動が大きくなった。
驚きで心臓が高鳴る。
心臓が止まりそう。
どきっとしてを刺された思いをする。
はっとして震いする。
驚いてを白黒させる。
を殴られたようなショック。
をつぶす。

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ