ゆくみ・そーれー

[休んでください] (おやすみなさい 2)

ゆくみ・そーれーゆくゆん=休む、休憩、横になって休む)
眠る前にも使いますし、休憩を勧める際にも使います。
知り合いの家近くで出会うと、あいさつがわりに「ゆくてぃ・いかにー」[(家で)休んでいかない?]と言われます。ほのぼのしていい感じですよね。しかし、最近は沖縄でも近所づきあいが薄くなってきているのが現実なんです。
ちなみに、「ゆくる」をよく使っていたのですが、「ゆくゆん」が正しいんですね~。
「ゆくる」→ “新・うちなーぐち”(沖縄方言)ということになります。 😯

◇例文

ゆくみ・そーれー play
[休んでください → おやすみなさい]

なー、ゆくれー
[もう、休みなさい]
目下に対して使う

でぃー・なー、ゆくらな play
[では、休みましょう]

なー、ゆくとーん
[もう、休んでいるよ]

まーにん・にんてぃ、ゆくとーん play
[どこでも寝て休んでいる]

うぇーしみしぇーびり play
[おやすみなさいませ](敬語)
目上に対する、寝る時のあいさつ。
「うぇーしみしぇーん」は、「にんじゅん」「ゆくゆん」の敬語となる

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

心の休息身体を休ませることも大事ですが、たまには、『心の休息』も必要な現代社会ですよね。心を休めるためには、すべての思考をストップさせることがいいようです。今では、空いた時間があると、すぐスマホや携帯を手にしたり、移動する際にも、イヤホンで音楽を聴いていますので、思考をすることがなかなかないようです。

そこでお勧めが、「歩く瞑想」です。散歩をしながら、体の部分の一つ一つの動作に意識を集中する瞑想すると、心の静寂を取り戻すようですよ。
歩くことで、身体の健康だけでなく、心の健康にもいいということになります。ハッピー・ウォーキングで心に休息を~。ぜひお試しあれ。