とー (感嘆詞)

[それ、さぁ]

とー=ストップ相手に何か行動をおこさせる時や、指示するときの“うちなーぐち”(沖縄方言)です。
・タクシー運転手への指示する時や子供に取ってもらう時などに指示する「とー」
・ボクシングなどの格闘技で技がみごとに決まると「とー」
・囲碁や将棋で妙手を打つと「とー」
・終わり!ストップ!という意味の時には、強く言う「とー」
・飲み物を注いでもらう時、“もう、いいよ”と伝える時の「とーとーとー」
など、いろいろあります。
さらに、つよくなると、「とーひゃー」があり、驚き、喜び、当惑した時に発します。

◇例文

とー、んまんじ・まがれー
[はい、そこ曲がって]

とー、とぅまれー
[よし、止まれ]

とー、いけー
[さぁ、行きなさい]

とー、うてー
[さぁ、打て]

とー、ちゃー・すが
[さぁ、どうする?]

とー、なま・やさ
[そう、今の感じ(調子)だ]
今=なま

とーさい、なま・やいびーさ
[そうです、今の調子ですよ](敬語)

とー、はじみれー
[では、始めて]

とー、うわれー
[もういい、終われ]
終わり=うわゆん

とー、しむさ
[もう、(それで)いいよ]

とー、ちゅーや・うっぴし・しむさー
[もう今日はこれでいいね(終わりね)]

とー、でいっぱぐゎー・なとーさ
[うん、立派になっているよ]

とー、あんしやさ、わかったらやー
[よし、そのようにだ、わかったかい?]

とーとー、あわてぃれー
[ほらほら、急ぎなさい]

とーひゃー、でーじ・なとーん
[さぁ、大変なことになった]

◇メモ

手(てぃー)=空手もう一つの「とー」としては、中国の意味があります。漢字だと、“”です。昔から琉球の人は中国のことを一貫して、「とー」と呼んでいました。その名残として、唐手 → 空手があります。
琉球王国時代の武術である「手(てぃー)」と、中国から伝わった「唐手(とーでぃー)」とが融合されて、明治の頃に「唐手(からて)」といわれるようになり、昭和には、「空手(からて)」になったと言われています。(諸説あり)