WordPress テーマ移行

WordPress テーマ

Wordpress今回は、まったく“うちなーぐち”(沖縄方言)とは関係ない話題となります。

WordPressは、見た目を切り替えられる「テーマ」があり、そのテーマはネット上に数えられないくらい流通しています。ただ、完全に自分に合ったものを探すとなると大変なんですね。これはいいけど、あれを直したいとか、自分仕様に変えたくなるものなんです。一から『自作』するほどの技術はないので、CSSなどのカスタマイズに頑張っちゃいます。 😉

さまざまなテーマがありますが、ブログの閲覧にはPC以外にも、スマートフォン、タブレットといろいろありますから、表示幅の変化に対応した「レスポンシブWebデザイン」がお勧めです。

「レスポンシブWebデザイン」の無料WordPressテーマを紹介している「Photoshop VIP」の記事(2011年9月)です。

Twenty eleven

Twenty eleven このブログも、もちろんWordpressで構築していて、今年5月開設から、はやいもんで5ヶ月経過しました。今まで、Wordpressの標準テーマである[Twenty eleven]を使用して、沖縄らしさ・見やすさを考慮しながら「デザイン・カスタマイズ」を行いました。

Twenty elevenの特徴
・HTML5+CSS3
・レスポンシブwebデザイン対応
・ヘッダーの画像はランダムで切り替わる

沖縄の心 Twenty eleven個人的なメリット
・カスタマイズ情報の豊富さ
デフォルトテーマだけあって、いろいろな方がカスタマイズ方法をHP・ブログで公開していますし、書籍もあります。「基礎中の基礎」として、初めてカスタマイズする方には勉強になります。

個人的なデメリット
・Flash表示するためのShadowbox JSが、スホマできちんと表示されなかった。(PCでは問題なし)
・スマホ対応するプラグインWPtouchを導入すると、Shadowbox JSがスマホでも問題なしになりましたが、カスタマイズしようとすると、有料版の購入が必要となる・・・。

WPtouchを利用すると、PCとスマホでは雰囲気ががらりと変わりすぎて、ブログの個性とかが失われている感覚があるので、WPtouchのプラグインを使用しないで、スマホにも対応できるテーマに変えたいと思ったのです。そもそも、Flash自体でスマホ対応しないという大問題は、この際、無視しています。 😥

iTheme2

iTheme2レスポンシブWebデザインに対応したテーマがいくつかありますが、この[iTheme2]にしたのは、iPhone表示にも対応しているという理由でした。スマホ対応といっても、AndroidよりiPhoneへの対応としては仕切りが高いイメージがあったからです。(システム開発ではないので詳しくはないですが、個人的な印象です。)
iTheme2の特徴
・iOS の画面のような雰囲気。→沖縄風にカスタマイズしたので、面影はなし。
・レスポンシブwebデザイン。Shadowbox JSとの相性がいい模様。
・アイキャッチ画像の表示。このブログでは利用していない。
スライダー →今後利用の予定

沖縄の心 iTheme22つのテーマ・カスタマイズで得たもの
ビジュアルエディタも、テーマ変更により変わることが分かった。
→ビジュアルエディタをカスタマイズできることが分かった。
見出しh1,h2の使い方
通常Wordpressでは、ブログタイトル・記事タイトルが、見出し(h1,h2)に利用されているそうで、投稿ページ・固定ページの中での見出しは、h3から使用した方がSEO対策になる。
このことを知らずに、Twenty eleven テーマのときは、ページ内にh1を使っていました。テーマ移行の段階で、h3へすべて変更しました。
・iThemeの移行作業では、Instant WordPress を利用して、ローカル環境(個人PC上)での構築。
→この作業により、ネット環境、ローカル環境での、相互関連性が試行錯誤でしたが、理解できた。
MySQLのデータベース操作を、少し経験できたこと。
CSS3の理解度が深まったこと。
→2つのテーマを経験したことにより、デザインの中核となるCSS3の勉強になりました。
→今回、ベースはiTheme2に移行しましたが、細かいデザインは、Twenty elevenの方が気に入っているので、Twenty elevenのいいところを取り込めたと思っています。

今後の課題
・細かい修正、Firefox,Chrome,IE,Android,iPhone,iPadでのデザイン確認
・スライダーの利用 (追記:2012/09/25より利用開始)

WordPressも、どんどんバージョンアップしていくでしょうし、新機能に対応したテーマも出てくるでしょう。
Twenty twelve あるいは Twenty thirteen、iTheme3 へも期待して、今後の楽しみの一つになっています。