くぬっちゅ/くぬひゃー

[この人、こいつ](人称代名詞/三人称 3)

くぬっちゅ/くぬひゃー「くぬ/うぬ/あぬ」[この、その、あの]は“うちなーぐち”(沖縄方言)の指示代名詞ですが、その言葉を使って「人」を表す表現があります。
△△+ちゅ   :敬いを表していて、目上に対しての言い方
△△+ひゃー :罵った、バカにした言い方
一方は【敬い】を、一方は【バカ】にした表現なので、間違わないでくださいね。
「△△+ちゅ」は大人が使い、「△△+ひゃー」は中高生の時期に友達に対して使う感じですね。
また、「△△+ひゃー」は女性が使うことはほぼないです。

くぬっちゅ play [この人] 「くぬっちょー」ともいう
うぬっちゅ [その人]
あぬっちゅ [あの人]
くぬひゃー play [こいつ、この野郎]
うぬひゃー [そいつ、その野郎]
あぬひゃー [あいつ、あの野郎]

「いゃー・ひゃー」は、2人称での[この野郎]になります。
また、男と女を区別する表現としては、次のような言い方もあります。

あぬ・いきが play [彼、あの男]
あぬ・いなぐ [彼女、あの女]

◇例文

くぬっちゅ・とぅ、まじゅん・やれー、ぬーぬ・しわん・ねーん play
[この人と一緒なら、何の心配もいらない]
まじゅん=一緒
しわ=心配

くぬっちょー、したたか、ゆんたかー・やいびーん play
[この人は、とてもおしゃべりです]

うぬっちゅ・や、まっとーばー・やいびーん play
[その人は、正直者です]

あぬっちゅ、いーっちゅ・やんよー play
[あの人は、いい人ですよ]

くぬひゃー、なちぶさー・やたん play
[こいつは、泣き虫だった]

うぬひゃー・や、たっくるしぇー play
[そいつは、叩き殺せ]
怖い表現ですが、単に「やっつけろ」「こらしめろ」の意味で、泣かす程度のことです。

あぬひゃー・や、いっぺー・うーまくー・やたん play
[あいつは、とてもいたずらっ子だった]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

冷たいそのほかの「△△ひゃー」という“うちなーぐち”(沖縄方言)です(画像とは関係なしw)。
ありひゃー
[驚く光景を見ている人が、驚いたことに発する言葉]
えーひゃー
[なんてことするんだ!というときに発する言葉]
とーひゃー
[驚き、喜び、当惑したときに発する言葉]