挨拶・会話

うちなーぬ、いぇーさち 1

[沖縄的な挨拶]

いい天気ですねいぇーさち=挨拶
一般的な挨拶として、天気・気候のことを話すパターンと、近況を聞くパターンの“うちなーぐち”(沖縄方言)をあげています。

◇例文

いー・うゎーちち・でーびる play
[いい天気ですね]

やな・うゎーちち・でーびる
[悪い天気ですね]

あちさい・びーんやー play
[暑いですね]

ひーさい・びーんやー
[寒いですね]

いちゅなさい・びーみ play
[いそがしいですか?]

いちゅなさぬ、ぐぶりー・そーいびーさ
[忙しくてご無沙汰しております]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

ねぎらいと気遣い挨拶は、ねぎらい気遣いです。
今日の「おはよう」は「お早くから、ご苦労様でございます」の略で、それは朝から働く人に向かって言うねぎらいの言葉でした。「こんにちは」は「今日は、ご機嫌いかがですか」の略で、お昼に初めて出会った人の体調や心境を気遣っていました。「こんばんは」は「今晩は良い晩ですね」の略だと言われます。また、「さようなら」は「左様ならば」の略のようです。今回、ウチナーグチとは関係ないですが、覚えておいて損はないですね。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




いー・そーぐゎち・でーびる

[よい正月でございます]

いー・そーぐゎち・でーびる

そーぐゎち=正月
意訳=新年明けましておめでとうございます
「いー・そーぐゎち・でーびる」は、うちなーぐちでの新年の挨拶になります。

沖縄の正月は復帰前までは、どの家庭でも旧正月で祝っていましたが、時代の移り変わりで、現在は新暦の正月が主流となってきています。糸満や離島など特に漁村の地域では、まだ旧正月を祝う習慣が残っています。

正月には、テレビやラジオで特別番組として、沖縄民謡がよく流れます。
ちなみに、お盆に関しては、正月とは違い完全に旧暦のままで実施中です。

◇関連語

はちか・そーぐゎち play
[二十日正月]
旧暦1月20日のこと。この日までが正月とされ、「うわい・そーぐゎち」[終わり正月]ともいい、「たーぅんむ・にー」[田芋煮]などを作り仏壇に供えます。

そーぐゎち・びーさ
[旧正月の頃の寒さ]

そーぐゎち・われー
[正月笑い、正月の浮き浮きした気分]
正月ではないが家族がにぎやかに団笑していること。ふだんの日でも、いい意味で使う。福笑い。

◇例文

いー・そーぐゎち・でーびる play
[よい正月でございます]
明けましておめでとうございます

そーぐゎち・びーさっし、じゅんに・そーぐゎち・ぬ・ぐとーい・びーんやー play
[正月寒さになって、まったく正月のようですね]

そーぐゎち・われー・そーる・むんなー play
[正月笑いしているねー]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

オードブル【秘密のケンミンSHOW】で、沖縄県民は、お正月は「おせち料理」ではなく「オードブル」を食べる。とありました。正しいです!沖縄にはもともと「おせち料理」という習慣がありませんね~。もちろん、ご馳走はたくさん作りますよ。

でも、一般的にはスーパーや惣菜屋でオードブルを買ってくるのが多くなっています。正月だけでなく、盆や 清明祭(シーミー)その他のお祝い事などでもだいたいオードブルが多いです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




んじ・ちゃーびら/んじ・めんそーれー

[行ってきます/いってらっしゃい]

んじ・ちゃーびら毎日のお出かけの挨拶です。「なまから、んじ・ちゅーん」[今から行ってくるよ → 行ってきます]とも言いますが、ちょっと挨拶というよりは、会話に近い“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

同じように「ただいま」「おかえり」も純粋な挨拶とは言い難いですが、家族間の会話として使ってくださいね。

◇例文

んじ・ちゃーびら play
[行ってきます]

なまから、んじ・ちゅーん
[今から行ってくるよ → 行ってきます]

んじ・めんそーれー play
[いってらっしゃい]

んじ・くーよー
[いってらっしゃい]

なま、ちゃん play
[今、来たよ → ただいま](普通)

なま、けーやびたん
[今、帰ってきたよ → ただいま](丁寧)

けーたんなー play
[帰ってきたねー → おかえり](普通)

けーいみ・そーちー
[帰ってきましたねー → おかえり](丁寧)

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

鉄砲玉の使い撃ったら戻ってこない鉄砲玉のように、出て行ったままいくら待っても 帰ってこない使いのことを「鉄砲玉の使い」といいますが、なつかシーサーが子供のころ、母親が「出かけたら、ちゃー・鉄砲玉やさ。けーてぃー・くーん。」と言っていた“うちなーぐち”(沖縄方言)が耳に残っています。今は、私が言われているのでしょうね・・・ 😳
ちゃー=いつも
けーてぃー・くーん=帰ってこない

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ