はごーさん

[汚い]

はごーさん=汚いきたない、不潔であるという“うちなーぐち”(沖縄方言)です。そこから、気持ちが悪い、下品である、けがらわしい、いやらしい、という意味にも使われます。

単に、「はごー!」でも使いますし、「でーじ・はごー!」「しに・はごー!」[とても汚い]、「はごーさよー!」[汚いなー]と、かわいくない事、感じがよくないことの意味も含めて、子供の時期によく使う言葉です。特に反抗期の中学生の頃に使用頻度が高く、大人になるに従い、減ってきます。
親しい間柄では使いますが、きれいな言葉ではないので、使い方にはご注意くださいねぇ。

「はごーさよ」よりは、「ハゴーだな」と言う人が増えています。

◇関連語

はごーこーねーん
[汚くはない](否定形)

はごーさたん
[汚かった](過去形)

◇例文

あぬ・トイレ、はごーさん
[あのトイレは、汚い]
※トイレ・便所を“うちなーぐち”で「ふーる」というが、豚の飼育小屋に直結した昔の便所で、今では「ふーる」と呼べる便所はないですので、トイレは、トイレで!

ありがー・はなしぇー、はごーさん
[彼の話はいやらしい]

あったー・やー、いっぺー・はごーさたん
[あれの家は、とても汚かった]

◇関連語

はごーむん
[きたない物、いやしい者]
「はごーりむん、はごーりーむん」ともいう。

はごーぎさん
[きたならしい、きたならしく見える]

はごーむにー
[下品な言い方、いやらしい言い方(セクハラまがいのことば)]

はごーむにーさー
[下品なことばかり言う人、いやらしいことばかり言う人(猥談好きな者)]

◇例文

たーが・くんぐとーる・はごーむん、うちきたがやー
[誰がこんな汚い物を置いたんだろう]

あぬ・はごーむん・やー、ならん
[あのいやしい奴とは、ダメだ]

はごーぎさぬ! ぬーやらわん・あんし・ゆぐりかーっし・あっちゅんなー
[きたならしい! なんだってあんな汚い格好で歩きまわれるんだ]

はごーむにー・っし、あまんじ、ゆんたくせー
[いやらしい言い方して、あそこで、話しなさい]
聞きたくないから、遠くの方で話しておいで・・・と怒っています

◇メモ

いじめダメ“なつかシーサー”が子供の頃(昭和40年~50年代)に、人に対して「はごー」と使われていましたねぇ。今、考えれば、いじめの言葉でした。

ふらー、ふりむん [愚か者(バカタレという感じ)]
きーまー [毛深い人]
へーがさー [おできや湿疹ができている人]
やな・がっぱやー [頭が立派なのに中身はからっぽ的表現]

“うちなーぐち”(沖縄方言)を使ったニックネーム・愛称の場合がありますが、本人にしたらイヤなもんですよねぇ。

嫌われ者にちょっと触れただけで、「はごー!」と言うのは、かなり強烈ないじめでした。(反省・・・・・・)