感情

じょーとー

[上等、優れて良いもの]

じょーとー!上等(じょーとー)は、「優れたもの、りっぱなもの、優秀なもの」というよ意味ですが沖縄では、「じょーとー」の範囲が広く、普通より良ければ「じょーとー」であり、広い意味で使える便利な言葉で、“うちなーぐち”(沖縄方言)の定番中の定番の言葉になっています。

日本語では主にに対して使われ、かなり品質の高いものをいい、よっぽどのことがない限り、なかなか言わない言葉のようですが、沖縄では、かなり頻繁に「じょーとー」が使われ、心から「上等」と思って使うこともあれば、軽く「いいんじゃないの~」程度の相づち代わりに「じょーとー、じょーとー」と言います。

対象となるのは、物に対してだけではなく、「あの子の性格、じょーとー・よぉ」とも言うし、「今度、親を旅行に連れて行くんですよ」という行為に対しても「じょーとー・さぁ」と答えます。健康診断で医者に「じょーとー」と言われても、とても健康ですという意味ではなくて、オッケー程度の健康というくらいのニュアンスの場合もありますから、しっかり医者にはご確認くださいね。

また、「じょーとー」には、英語でいう“Don’t mind”(ドンマイ)、「気にするな、心配するな」という意味で使われます。誰かがちょっとした失敗をしたときに、「じょーとー」と声をかけて励まします。失敗したけど、その経験は「じょーとー」であり、「これからの人生の役に立つよ」というふうに感じられます。

物事には良い・悪いがありますが、沖縄でも「じょーとー・やっさー」or「やなー・やっさー」とはっきり意思表示をしますが、年配の“うちなーんちゅ”=おじぃ・おばぁ・たーの価値感覚として、どんなにつまらないものでも、「じょーとー・さー」ということが多いです。はっきり良い悪いを分けるより、「てーげー」[いい加減]な言葉として、何でもかんでも「じょーとー・さー」で片づけてしまう“おおらかさ”が感じられます。言われた方は、そうかなと気分が良くなるのが不思議なもんです。(うちなー限定?!?)

◇やまとことぅば的例文

この服、じょーとー・やっさー

お魚屋さんで、「おじさん、じょーとー魚からお願いねー」
うり、じょーとー・やさ!
[これ、いいもんだよ]

今日の天気は、じょーとー!

髪切ったのぉー? じょーとー・さー。 似合ってるよー

あいっ、おまえのペン、じょーとー・だなー。 どこで買ったばー?

やさしい男が、いっぺー・じょーとー・よー

あの子、じょーとー・さー
[あの子は上等だね → いい子だね]

彼氏と別れたって!
じょーとー・さー

◇例文

じょーとー! じょーとー!
[いいよ、いいよ]

じょーとー・やー
[いいよねぇー](同意を求める感じ)

じょーとー・さー
[いいねぇー](軽い主張をしている感じ)

でーじ・じょーとー!
[とても、いいねぇー]

いっぺー・じょーとー!
[とても、いいものだねー」(年配の方の言い方)

しに・じょーとー!
[とても、いいねぇー](中高生が使う、あまり品がない言い方)

じょーとー・な、むん・やっさー
[上等のものだねぇ]

じょーとー・から、こーいん・どー
[上等なものから、買うんだよ]

うさぎ・むのー、じょーとー・から、いらでぃ・うさぎーぶさん
[お供え品は、いいものから、選んでお供えする]
うさぎーん=差し上げる、お供えする
いらぶん=選ぶ、選定する

◇メモ

沖縄で、「ふつうの上等」というキャッチフレーズで親しまれている泡盛もあります。
ヘリオス酒造株式会社の「轟(とどろき)」です。
山口百恵!?での替え歌で、古くさい昭和が漂うCMですが、インパクトはあります。
普通に飲みやすく、普通に美味しい「じょーとーの泡盛」!

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




てぃー・はごーさん

[もどかしい、じれったい、はがゆい]

てぃー・はごーさん=もどかしい、じれったい、はがゆいてぃー=手、はごーさん=汚い」で直訳すると、手が汚いになりますが、その意味ではなく、比喩的表現で、相手の仕草にじれったい時にでる“うちなーぐち”(沖縄方言)になります。
他人がやっていることなどを見て、手を出したくなるような状態で、思うようにならずいらいらしている気持ちを表しています。

例えば、手伝いを嫌々ながらやっているとか、だらだらとやっている人がいると「自分がやる → 手を汚さないといけない → てぃー・はごーさん」となるわけです。
せっかちな人がよく使い、「遅くてor下手くそだからイライラする → 自分がやらないといけないじゃない!」のよう感じです。代表的なやりとりが「姑と嫁」になるのでしょうか・・・。

◇例文

てぃー・はごーさん!
[もどかしい、じれったい、はがゆい]

だーなー、てぃー・はごーさしっ!
[あぁ、じれったい!(見てられない!自分がやるよっ!)]

てぃー・はごーさぬ、わんが・すっさっ!
[もどかしいねー、(それなら)私がするよ!]

◇メモ

ひさ・はごーさん=足下が不安で、びくびくする(ハブ注意)「てぃー・はごーさん」と同じ比喩表現で、「ひさ・はごーさん」があります。
ひさ=足、はごーさん=汚い」で直訳の[足が汚い]という意味ではなく、[足もとが気持ち悪い、足下が不安で、びくびくする]という意味になります。

これは、蛇が出そうな時などにいう“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




はごーさん

[汚い]

はごーさん=汚いきたない、不潔であるという“うちなーぐち”(沖縄方言)です。そこから、気持ちが悪い、下品である、けがらわしい、いやらしい、という意味にも使われます。

単に、「はごー!」でも使いますし、「でーじ・はごー!」「しに・はごー!」[とても汚い]、「はごーさよー!」[汚いなー]と、かわいくない事、感じがよくないことの意味も含めて、子供の時期によく使う言葉です。特に反抗期の中学生の頃に使用頻度が高く、大人になるに従い、減ってきます。
親しい間柄では使いますが、きれいな言葉ではないので、使い方にはご注意くださいねぇ。

「はごーさよ」よりは、「ハゴーだな」と言う人が増えています。

◇関連語

はごーこーねーん
[汚くはない](否定形)

はごーさたん
[汚かった](過去形)

◇例文

あぬ・トイレ、はごーさん
[あのトイレは、汚い]
※トイレ・便所を“うちなーぐち”で「ふーる」というが、豚の飼育小屋に直結した昔の便所で、今では「ふーる」と呼べる便所はないですので、トイレは、トイレで!

ありがー・はなしぇー、はごーさん
[彼の話はいやらしい]

あったー・やー、いっぺー・はごーさたん
[あれの家は、とても汚かった]

◇関連語

はごーむん
[きたない物、いやしい者]
「はごーりむん、はごーりーむん」ともいう。

はごーぎさん
[きたならしい、きたならしく見える]

はごーむにー
[下品な言い方、いやらしい言い方(セクハラまがいのことば)]

はごーむにーさー
[下品なことばかり言う人、いやらしいことばかり言う人(猥談好きな者)]

◇例文

たーが・くんぐとーる・はごーむん、うちきたがやー
[誰がこんな汚い物を置いたんだろう]

あぬ・はごーむん・やー、ならん
[あのいやしい奴とは、ダメだ]

はごーぎさぬ! ぬーやらわん・あんし・ゆぐりかーっし・あっちゅんなー
[きたならしい! なんだってあんな汚い格好で歩きまわれるんだ]

はごーむにー・っし、あまんじ、ゆんたくせー
[いやらしい言い方して、あそこで、話しなさい]
聞きたくないから、遠くの方で話しておいで・・・と怒っています

◇メモ

いじめダメ“なつかシーサー”が子供の頃(昭和40年~50年代)に、人に対して「はごー」と使われていましたねぇ。今、考えれば、いじめの言葉でした。

ふらー、ふりむん [愚か者(バカタレという感じ)]
きーまー [毛深い人]
へーがさー [おできや湿疹ができている人]
やな・がっぱやー [頭が立派なのに中身はからっぽ的表現]

“うちなーぐち”(沖縄方言)を使ったニックネーム・愛称の場合がありますが、本人にしたらイヤなもんですよねぇ。

嫌われ者にちょっと触れただけで、「はごー!」と言うのは、かなり強烈ないじめでした。(反省・・・・・・)

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ