黄金言葉

空腹どぅ、美味ん

やーさ・どぅ、まーさん

空腹どぅ、美味ん(やーさどぅ、まーさん)

[空腹こそ美味しさ]

空腹どぅ、美味ん(やーさどぅ、まーさん)「やーさ」は空腹・ひもじさ・飢え、「やーさん」は腹がすいていることをいい、「まーさん」はうまい、おいしいという意味なので、“空腹のときは、何でもおいしい”というという“くがに・くとぅば”(黄金言葉)になります。
お腹のすいたときは何でもおいしく、ひもじい時にまずいものはないと、何でもおいしく食べられるということです。

ただ、現在は飽食の時代・・・。スーパーに行けばいろんな食べ物がありますし、コンビニは24時間いつでも開いています。電子レンジでチンするだけの食品に、3分できあがるラーメン、いつでも食べられる今の時代、空腹を知らないかわり、食事の本当のうまさを知らないし、“食”のありがたさも忘れているのかもしれませんねぇ。

◇類義語・ことわざ・言い回し

空腹は最高のソース (西洋のことわざ)

空き腹(すきばら)にまずい物なし

飢えては食を択ばず

飢えは最高の料理人なり (ドイツ)

空腹は世界中で最上の調味料である  (セルバンテス)

最高の調味料は空腹と渇き  (キケロ)

◇メモ

サーチュイン遺伝子=空腹時にスイッチお腹がすくと、「ぐー、きゅる~」とお腹の音が気になるますが、空腹になると、満腹状態よりも成長ホルモンが多く分泌されるようです。間食ばかりとり、空腹状態がないと、それだけ成長ホルモンの分泌が損なわれてします。

また、“サーチュイン遺伝子”と呼ばれる生命遺伝子は、空腹時にスイッチが入るという特徴があり、細胞中のミトコンドリアが活性化し、エネルギー効率が高まり、結果、生物の寿命が延びるそうです。

まずは満腹になるまで食べずに、腹“七”分目くらいでやめましょう。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




人間は、坂ぬ下い上い

にんじのー、ふぃらぬ・くだい・ぬぶい

人間は、坂ぬ下い上い=にんじのー、ふぃらぬ・くだい・ぬぶい

[人間は、坂の下り上り]

人間は、坂ぬ下い上い=にんじのー、ふぃらぬ・くだい・ぬぶい人の一生は、坂を下ったり上がったりするようなものだから絶えず努力しなさいよという“くがに・くとぅば”(黄金言葉)です。長い人生では、今は絶好調であっても、いつかは衰退する時期がやってくるし、今はどん底であっても、じっと耐えていればまた上昇するチャンスが巡ってくるものです。落ち込んでいる人を励ましたり、逆に今成功して天狗になっている人を戒める場合に使います。

うちなーぐちでは“坂”のことを「ふぃら」とか「ひら」といいます。
この黄金言葉が「上り、下り」ではなく、「くだい、ぬぶい」と下りを先にしているのは、落ち目になるときの心構えが必要であるということを言っているのでしょう。

また、上り坂下り坂も考えてみれば、一つの「同じ坂」です。「坂」を違った方向で見ているだけなのです。自分の立ち位置を、好意的に楽観的にとらえるか、悪意的に悲観的にとらえるかで、上り坂か下り坂か。今ある自分の向く方向で決まってきます。

七つ転んで 八つで起き
三歩進めば 二歩下がれ
泣きたい時は 泣けばいい
涙があるから 笑いもあるさ

夢に…夢に
夢に向かって 歩きたい
のぼり下りの 人生坂

-演歌 「人生坂」 作詞:歌川二三子-

◇メモ

上り坂、下り坂、まさか!人生には三つの坂があります。
上り坂下り坂まさか

人生の道のりは平坦ばかりではなく、時には上り坂があり、下り坂もあります。
もう一つの坂が「まさか」という“さか”です。

人生で起こりうる事柄は、良いことも悪いことも「まさか」と思うことを前向きにとらえて、失敗や病気なども必要な糧であり、人生上の教訓だととらえれば、どれもありがたいプラス思考の坂になります。大切なことは自重して、一歩一歩踏みしめていくことでしょう。

さらに四つ目の坂「まっさかさま」という、転げ落ちていくことだけは避けたいところです。

◇類義語・ことわざ・言い回し

栄枯盛衰 (えいこせいすい)

盛者必衰 (じょうしゃひっすい)

興亡盛衰 (こうぼうせいすい)

人生山あり谷あり

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり

憂えあれば喜びあり

苦あれば楽あり

苦は楽の種

苦楽は生涯の道連れ

人生は寄せては返す波の如く

◇メモ

栄ー衰いや、夏とぅ冬心=さけー・うとぅるい・や、なち・とぅ・ふゆぐくる

栄ー衰いや、夏とぅ冬心 (さけー・うとぅるい・や、なち・とぅ・ふゆぐくる)
[栄え衰えは、夏と冬心]

人間は、坂ぬ下い上い (にんじのー、ふぃらぬ・くだい・ぬぶい)と似た“くがに・くとぅば”(黄金言葉)で、移ろいゆく栄えと衰えを夏から冬へ変わる季節に例えています。

栄えや衰えは、夏から冬へと変わる季節のように無常のものであるという教えで、いつまでも今の状態が続くことはないというです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




あわてぃーる中、落てぃ着き

あわてぃーる・なーか、うてぃちき

あわてぃーる中、落てぃ着き

[急ぐなか、落ち着け]

あわてぃーる中、落てぃ着き早くしなければとあせってパタナイパタナイやったところで、必ずしもよい結果が得られる限りません。あまり焦ると、かえって失敗しやすいのも、焦って冷静さが欠けるからです。急いでいるときこそ、落ち着いて冷静に対処せよという教えの“くがに・くとぅば”(黄金言葉)です。
突然の事態にぶつかっても、「急ぐ時は、落ち着け」という言葉を唱えると、冷静な思考と行動ができるかもしれません。

同じ“くがに・くとぅば”(黄金言葉)として、
あわてぃーる中、よんなー
という言い方もあります。「よんなー」は、ゆっくり、という意味です。
沖縄の交通安全標語として、「あわてぃーるなか、よんなーどー!」というのもあります。

日本語の「慌てる・あわてる」は、突然のことで、ふだんの落ち着きを失う。うろたえる。狼狽(ろうばい)する。という意味ですが、うちなーぐちの「あわてぃゆん」急ぐ という意味で使われます。
うちなーんちゅが「あわてぃれー」と言ったら、「急げ」の意味です。「あらてぃらんけー」と言えば、急ぐな です。

◇類義語・ことわざ・言い回し

「急がば回れ」

「近道は遠道」

「回るは近道」

「急いては事を仕損じる」

「慌てる乞食は貰いが少ない」

「速(すみやか)ならんことを欲すれば則ち達せず」 by論語

「あわてない、あわてない、ひと休み、ひと休み」 byアニメ「一休さん」

◇メモ

よんなー よんなー沖縄で慌てることで多いのが、交通渋滞
車社会で車が多いので、那覇近郊はほぼ渋滞に巻き込まれますし、雨の日になると最悪です。全く進まない状況に遭遇することもあります。
焦ってイラッとすれば、交通事故になるリスクが高まります。

よんな~、よんな~ [ゆっくり、ゆっくり]の気持ちで運転するには、時間に余裕をもって家を出る。当たり前ですが、渋滞の対策としては最良なのでは無いでしょうか?心に余裕をもって安全運転をゆたしく・うにげーさびら。

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ