買い物・食事

もーきーん/もーきゆん

[儲ける、稼ぐ]

儲ける、稼ぐ儲ける、稼ぐという意味で、商売・労働で利益を上げることです。
沖縄県の平均年収は全国最下位の329万円(平均月収も最下位23万円程度)ですから、うちなーで、「もーきーん」することは結構大変なことなんです。「もーきーん」話に騙されるのも、“うちなーんちゅ”は多いと聞きますから気をつけましょうね。

◇関連語

もーき play
[儲け、商売の利益、働いて得る賃金]

もーきじゅく
[金儲け、儲けるだけの仕事]
儲けることのみに偏すること。金欲主義

もーきてぃ・かまー play
[儲けて噛む者 → 日雇い労働者]
働いてその日の食を得る者の意味

もーきてぃ・かみかみ
[儲けて噛み噛み → その日暮らし]

◇例文

じん、もーきらなー play
[お金を稼がないと!]

もーきてぃ、くーよー play
[稼いで来なさいよ]

もーきてぃ、そーてぃ play
[儲かりましたか?]

内地んかい、もーきじゅく・しーが、いじゅん play
[本土へ、稼ぎに行くよ]

くぬ・しぐとぅ・はたらちん、もーきん・ねーん play
[この仕事は働いても、儲けもない]

なまー、ぬー・ぬ、そーばいん・もーきぐりさん play
[今は、何の商売でも儲けにくい]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

信者=ファン「儲ける」という字は、「信」「者」から成り立っています。「商売で儲ける」には、『信者=ファン』がいてこそ、なんですね~。「人を信じることが儲けに繋がる」、「信を重んじれば、利益にあずかれる」、「自分を信じてくれる者を作ることが利益に繋がる」いろいろ解釈から改めて考えることで、自分の仕事にも励みになるのではないでしょうか。
沖縄でのビジネス講習会の名称で、『あちねーもーき塾』というのがありました。うまい表現ですね~!

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




けーし・むどぅし

[お釣り]

お釣りけーし=返し
むどぅし=戻し
商品を買って、おつりをお返しして戻すから「けーし・むどぅし」というのは、いかにも“うちなー”らしい表現ですね~。ただ、[おつり]の方が言いやすいので、日常生活の言葉では、ほぼ死語になっている“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

◇例文

けーし・もどっし、やいびーん play
[おつりです]

けーし・むどぅし・や、なま、ねーやびらん play
[おつりは今はございません]

ゆたさいびーさ
[(おつりは)結構ですよ]
ゆたさん=よい、よろしい

けーし・むどぅし・ぬ、ねーやびらんくとぅ、あとぅから・むっち・めんそーれー play
[今はつり銭がないので、後でもっていらっしゃい]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

楽天Edy電子マネーの普及で、現金・おつりのやりとりは減ってきていますね。電子マネーの中でも「シャリーン」と鳴るEdy(エディ)普及率日本一が、沖縄なのです。コンビニはもちろん、スーパーからタクシー、ガソリンスタンド、吉野家、ケンタッキー、居酒屋等いろいろ利用できます。沖縄で生活するならEdyを使うべきですよ。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




じん

[お金、銭、貨幣]

じん=お金お金のことで、銭が音便変化して「じん」になったようです。「じんむち」で金持ちの意味になり、“新・うちなーぐち”(沖縄方言)では、「じん・むっちゃー」ともいいますね。

◇関連語

うふじん play
[大金、多額の金]

くーじん・ぐゎー
[小金、わずかな金、小銭]

あかじん、あかじなー play
[銅銭 → 今では十円のことをさす]
お金のうちに入らない程度の小銭の意味合いで使われる

じん・ぶくるー
[銭の袋 → 財布、巾着]
昔ですから、今みたいに立派な財布ではなく、白い布を巾着にしたような袋だったそうです。

じん・むち play
[お金持ち]

じん・くぃやー
[金をまき散らす者、やたらに銭をくれる者]
いわゆる、金羽振りがよい者のこと

じん・じけー play
[金づかい、お金の使い方]

じん・てーさー
[浪費する者、無駄遣いをする者]

じん・もーきじゅく play
[金もうけ]
もうけ塾ではありません。

じん・ぐとぅ
[お金の事]
金銭問題に発展するおそれのあることなどにいう

じん・ぬ、さんみん play
[お金の計算]
さんみん=計算、勘定

◇例文

じん、むっちょーん・なー play
[お金、持っているか?]

わんねー、じん・ねーらんどー play
[俺は、お金ないよ → 持っていないよ]

じんじけー・あらさん play
[金づかいが荒い]

ありんかい、じん、むたさらんどー play
[あれ(彼)には、お金持たせられない]

くぬ・ゆめー、じんてーさーる・やる play
[この嫁は、浪費家だよ]

じのん・たから、ぬちん・たから play
[お金も宝、命も宝]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

カツアゲ“なつかシーサー”世代(40代)では、「じん」と“うちなーぐち”(沖縄方言)を使うのは、なんとなく中学時代の不良達とのイメージがあります。あの頃・・・那覇の街に行って不良達に呼び止められ、「えー、いったー、じん・持っちょーみ? だー、ジャンプしてみ?」[おい、おまえらお金持ってるか?それじゃあ、跳んでみろ]と言われた。・・・というをたびたび聞いたものである。不良達はカツアゲのことを「じん・かめ~」といっていた。21世紀になっても、この噂はあるのだろうか・・・。

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ