ぐぶりー・さびら

[失礼します] (さよなら 1)

ぐぶりー・さびら用事を済ませて席を立つ時、人前を通る時などに使う英語の「エクスキューズ・ミー(Excuse me)」にあたる“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

日本語の[さよなら]として、ぴったり合う“うちなーぐち”はないんですねー。そのため、訪問先・会合とかで、別れの挨拶として「ぐぶりー・さびら」を使います。
ぶりー=礼、失礼
ぐぶりー=御無礼(ぶりーの敬語)

◇例文

あんせー、ぐぶりー・さびら play
[それでは、失礼します]
(目上の方に対しての丁寧な言葉)

ぐぶりー・さびたん
[失礼しました](過去形)

くまうてぃ、ぐぶりー・さびら play
[これにて、失礼します]

ぐぶりー・さびら、さち・ないびら play
[失礼します、お先になります]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

ぐぶりー・さびら「お先に失礼します!」が言いにくい職場~ありますよね。
帰りたいのに、帰れない~。「先に帰ってはいけないような空気」。ビジネスマンの辛いところです。 😥

それを打破するためには、仕事が終わったなら定時に帰るのが普通/当然といった雰囲気を作っていくことです。具体的には、身近な同僚などを巻き込んで複数で行い(単独だとリスクがありますよ)、そして、楽しそうに明るく帰るということです。ちょっとずつ職場を変える努力をしましょう。