しちぐゎち(旧盆)と旧暦

旧盆 沖縄の最重要な行事

旧盆今日(2012/08/30)から、沖縄ではお盆入りウークイ)に入ります。

沖縄の旧盆(しちぐゎち)とは、旧暦の7月13日~15日の3日間のことで、それぞれの家に先祖様が戻ってきて子孫や家族と共に過ごす祖先供養の行事で、沖縄での最重要行事になります。

全国的なお盆は、新暦での8月15日となっていますが、本来のお盆というのは、沖縄のように旧暦7月15日に行われていたようです。現在のようになったのは、明治6年(1873年)のグレゴリオ暦(新暦)採用によって、新暦8月15日(月遅れの盆)でお盆を行う地域が多くなっていきました(新暦の7月15日で行われる地域もあり)。
では、なぜ沖縄・奄美だけ、昔ながらの旧暦7月15日で行われるのか、今回、いろいろ調べてみて推測してみました。歴史的な要因が強いのではないかと・・・・・・

1871(明治4)年 廃藩置県 中央集権体制への行政改革
1872(明治5)年 第一次琉球処分 琉球王国から琉球藩へ
1873(明治6)年 グレゴリオ暦採用 太陰太陽暦から太陽暦へ
1879(明治12)年 第二次琉球処分 琉球藩から沖縄県へ

テンペスト - 琉球処分このように明治政府により、琉球王国から琉球藩へと変えられた翌年に、今までの暦からいきなり新暦に変わります。と急に言われても風習を変えることはなかなかできなかった。あるいは、感情的に変える気もなく、ささやかな抵抗だったのでは・・・と思うのです。(歴史的・学術的根拠はまったくありません、あくまでも推測です。) 😳

ちなみに、沖縄のお正月の時期が、なぜ旧暦から新暦に変わったのかは、1956年(昭和31年)、米軍下の琉球政府に新生活運動推進協議会ができて「新正月一本化運動」が推奨されたのが原因で、徐々に変わりはじめ、沖縄復帰のころには新正月が主流となりました。(一部地域で旧暦のところもある。)

今回調べてみて初めて知ったことばかりです。そして、風習というのは制度や運動によって変わっていくと言うことなんですね。しかし、沖縄のお盆が今なを旧暦のまま残っているのは、1年の行事のうち祖先崇拝が最も大事に思われているからでしょう。(ということにしておきます)

旧暦について

お月様まず、現在の暦は、西暦(グレゴリオ暦)で地球と太陽の位置関係をもとにした暦です。これに対し、旧暦(太陰太陽暦)というのは、月の満ち欠けを考慮した暦です。

太陰暦は、朔(新月)となる日をその月の一日(ついたち)として日付を数えます。ですから、三日月は3日、満月は15日(十五夜)といった具合に、日付と月の満ち欠けに対する呼び名が一致します。

人の暮らし、生き物の命と『月』とは、深く神秘的な関係があります。月のリズムは、女性の体や、潮の満ち引き、人は満ち潮のときに生まれ、引き潮のときに死ぬことが多いというのです。また満月の日は出産が多いともいわれています。

太陰暦また、昔から日本における祭事が、旧暦の15日に集中したそうで、満月により明るいからだということもありますが、満月だと、気分が高揚し、ケンカごとも多かったので、そのエネルギーを発散させるために、祭事を行ったというのが本当であったようです。
満月に変身する狼男のはなし等も、月の引力が人も高揚させる事にヒントを得たのでしょうか・・・。

なぜ沖縄の行事には旧暦が欠かせないわけですが、旧暦には自然のリズムとかなった暦であり、沖縄の時間の流れにマッチングしているのでしょう。新暦、旧暦を上手に使いこなして、沖縄での生活を過ごしていきましょう。

旧暦の行事スケジュール

「しちぐゎち」は、直接的には[7月]を指しますが、一大イベントである旧盆が旧暦7月13日~15日にあたることから、[旧盆]のことも「しちぐゎち」といいます。

旧暦7/13 ウンケー「お迎え」の意味)
家族で集まり、供え物をしてご先祖様をお迎えする日
旧暦7/14 ナカヌヒー中の日
三度の食事を仏壇に膳を供え、主に親戚の家を廻って、仏前で挨拶などをする日
旧暦7/15 ウークイ「お送り」の意味)
ご馳走や、あの世に持って行く品々、ウチカビを持たせてご先祖様を送り出す日

ウンケー今日は、ウンケーです。
うやふぁーふじ[ご先祖様]が、この世に私たちの様子を見にいらっしゃいます。
日頃、見守ってもらっているおかげですので、感謝をこめて、お迎えをいたしましょう。

◇YouTube