しちぐゎち(旧盆)と「うーとーとぅ」

ウークイ

ウークイ今日(2012/9/1)は旧盆最終日『ウークイ』で、ご先祖様があの世へお帰りになります。お盆でもこの日は特に重んじられ、ご先祖様をお送りするために、供え物の御馳走を準備して、家族全員で「うーとーとぅ」します。
この「ウークイ」でのイベント的なものが、「うちかび」を燃やすことなのです。

この「うちかび」は、子供心をくすぐるものがあり、炎には不思議な力があるなぁと思っています。“なつかシーサー”がローソクの小さい火から焚き火が好きだからかもしれませんが… 😳

この「うちかび」について、[打ち紙]と書き、ご先祖様があの世で使うお金です。ウークイシーミー[清明祭]で燃やしてあの世の祖先へ送ります。藁(わら)を原料として、黄土色の紙の全面に銭型が打ちうけられています。その数は一枚に10行×10列=100個。普通に商店やスーパーなどで売られていますが、あの世では一枚で一体いくらの金銭価値があるでしょうね。

うちかび家長である父親が「うちかび」を燃やす際、「おじー、おばーにお金たくさん持たそうね」と毎年のセリフなので深くは考えたこともなかったのですが、この「うちかび」は、お盆でご先祖様がこの世に降りてくるわけですが、あの世へ帰るために支払うお金だそうです。いわば関所を渡るために支払われる「税金」なんですね。燃やして送っても、すぐに使われていたとは…さらに、あの世でも税金・・・ちょっとさびしさを感じるのは“なつかシーサー”だけでしょうか…。

「うちかび」の注意事項です。
・うちかびは残金が出ないようにきちんと燃やしましょう。
・うちかびの代わりにちり紙やコピーを燃やす事はやめましよう。紙幣偽造にあたります。

うーとーとぅ

うーとーとぅ「うーとーとぅ」は、祈る対象の神仏への心を込めた呼びかけの言葉で、仏壇・お墓でご先祖様に祈りを捧げる時、うぐゎん[御願]をする時に、両手を合わせてとなえます。両手を合わせて拝むこと行為自体も指し、「うーとーとぅするよー」と家族に言うわけです。この言葉の語源は、古語の「安名尊(あなとうと)」だそうで、最高の尊敬の念を表す意味になるようです。

発音について、“なつかシーサー”も間違っていたのですが、「うーとーとー」と言っていました。・・・というより、親がそう言っていました。そのようにずっと聞こえていましたが、間違っていたようで、「うーとーとぅ」が正しいそうです。
うちなーぐちでは「とー」「とぅ」の区別が難しいですね。

祈りの言葉 ×「うーとーとー」 「うーとーとぅ」
上等 ×「じょーとー」 「じょーとぅー」
石敢當 「いしがんとー」 ×「いしがんとぅー」
数字の“十” ×「とー」 「とぅー」
昔の中国“唐” 「とー」 ×「とぅー」

「うちなーぐち」の現代風「うちなー・やまとぐち」と考えるなら、どちらでもいいことになりますが、できるだけ「うちなーぐち」で話したいものです。(正直、むちかさん[むつかしい])

がなしー

龍神ガナシーこのお盆で知った言葉に「がなしー」があります。龍神マブヤーの「龍神ガナシー」の由来にもなる言葉です。

「がなしー」とは、尊敬の接尾辞で[~様]という意味で、うすがなしー[国王様]、うやがなしー[親御様]のように使います。『テンペスト』の首里天加那志(しゅりてん・がなし)は「国王陛下」ぐらいの意味になります。

祈りやうぐゎん[御願]する際には、
「うーとーとぅ △△△がなしー」という言葉で語りかけるのです。

ヒヌカン[火の神]うーとーとぅ ひぬかん・がなしー
[ああ尊い、火の神様]
「ヒヌカン」[火の神](家の守護神で台所におかれる)への御願は女性が行い、旧暦1日15日などの年中行事、人生儀礼(出産・入学・結婚など)、家族の健康などを御願をする。

トゥクヌカミ[床の神]うーとーとぅ とぅくぬかみ・がなしー
[ああ尊い、床の神様]
「トゥクヌカミ」[床の神](家族を守護する神で床の間に祀られる)への願い事は家長である男性が行う。「トゥクヌカミ」は「ヒヌカン」同様、年中行事、人生儀礼において、家の繁栄・家族の健康などを祈るが、「ヒヌカン」ほど浸透していないのが現実である。

ヒジャイヌカミ[左の神]うーとーとぅ ひじゃいぬ・うかみ・がなしー
[ああ尊い、左の神様]
「ヒジャイヌカミ」[左の神](お墓の守護神:お墓に向かって右の方に存在する神)への御願は家主が行い、シーミー(清明祭)やジュールクニチー(十六日)、ナンカ(七日)などのお墓参りをするときに御願をする。

仏壇/ウヤファーフジ[先祖]うーとーとぅ うやふじ・がなしー
[ああ尊い、ご先祖様]
「ウヤファーフジ」[先祖]亡くなっているその家代々の人々は、仏壇に祀られている。行事ごとで家族全員で拝み、しちぐゎち[旧盆]、そーぐゎち[お正月]にはお中元・お歳暮をお供えして親戚、縁者も拝みます。

沖縄には、これら以外の神様がたくさんいます。今回は代表的な4つを紹介しました。

うぐゎん・くとぅば

うぐゎんくとぅば[御願言葉]今回のしちぐゎち[旧盆]で、うちなーの風習・うちなーぐちについて、まだまだだなぁと感じましたが、このサイト「沖縄の心(しまぬくくる)」のネタ探しで、いろいろ調べて知識を得て、自分が「うーとーとぅ」する心構えが変わったことが一番大きな収穫だったと思っています。

 「うーとーとぅ」する際の『うぐゎん・くとぅば』[御願言葉]のつぶやきは、今は少ししか話せないですが、今日は心を込めてご先祖様に感謝して送りたいと思います。

またん・やーぬん、めんそーち・くぃみそーり、うーとーとぅ
[また来年もいらして下さい]

◇YouTube