はじみてぃ・やーさい

[はじめまして]

はじみてぃ・やーさいはじみてぃ=初めて
やーさい=ですね
初対面の人にいう挨拶で、「はじめてお目にかかります」という意味の“うちなーぐち”(沖縄方言)です。男ことば女ことばがありますので、気をつけましょう。(男女とも「さい」で通している地域もあります。)

また、目下の人へ、年上の人へ、大勢にいう場合も、異なってきますので、どういう相手なのか、きちんと分かった上で話しましょうね。

◇関連語

はじみてぃ・やーさい (男ことば) play
はじみてぃ・やーたい (女ことば)
[はじめまして]

◇例文

はじみてぃ・やーさい、太郎やいびーん play
[はじめまして、太郎です]

あぃ、はじみてぃ・やー play
[あれ、初めてだね] (目下への挨拶)

はじめてぃ・いちゃい・びーんやー
[初めてお会いしますね] (敬語)
いちゃゆん=行き会う、出会う

はじめてぃ・うがなびら play
[初めてお目にかかります]
目上に対しての挨拶、大勢の前での挨拶

みーしっちょーてぃ・くぃみそーり
[お見知りおきください]
みしーゆん=見知る→知り合いになる、顔見知りになる

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

はじみてぃ・やーさい初対面・・・・うちなーの男は、けっこう人見知りな人が多く、自分から声をかけることをなかなかしません。はっきりした顔立ちで、見るからに愉快で陽気な南国イメージですが、意外にも、「はじかさー」というか、内気なタイプが多く、大人しいんですね。初対面は気が重いと思っている男性が多いですから、第一印象では判断せず、長ーい目で見て欲しいと思います。 😯

その点、女性はしっかりハキハキしていて、頑張り屋さんが多く、おおらかな性格で細かいことは気にしないタイプが多いです。そのため、沖縄では女性が強いですよ~~。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




がんじゅーい

[元気ですか? 元気ね~]

がんじゅーい「がんじゅー」というのは、[頑丈]と同じで、つまり健康とか丈夫なことを意味する“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

「がんじゅーい」は問いかけになっていて、日常的な挨拶として使われています。来客などに対して「がんじゅーさ・そうてぃ」と言うと、[元気だったねー]と迎入れる言葉となりますし、帰る際に「がんじゅうさ・しよー」というと、[いつも元気でいなさいね]と別れの時のあいさつとして使われます。出逢いも、別れも、相手を気遣う暖かみのある挨拶です。

また、「がんじゅーむん」で、頑丈者(がんじょうもの)となり、健康で丈夫な人のことを言います。

◇例文

あい、がんじゅーい play
[あら、元気ね~]

がんじゅーさ・そうてぃ
[元気だったねー] (迎入れる挨拶)

がんじゅうさ・しよー play
[いつも元気でいなさいね] (別れの挨拶)

ちゃー・がんじゅー・やてぃー
[いつも元気ですか?]

ちゃー・がんじゅー・やみせーみ play
[いつもお元気でいらっしゃいますか?]
(目上の方に対しての丁寧な言葉)

ちゃー・がんじゅー・どー play
[いつも元気ですよ]

あれー、いっぺー・がんじゅーむん・やさ play
[あの人は、とても健康で丈夫だよー]

ちゃー・がんじゅー・しみそうれー

がんじゅーい[いつも元気でいてください]
この言葉は、是非、親の方は子供に教えてください。おじー・おばーへの一番の孝行になりますよ。特に、3,4歳の孫からかわいく言われたものなら、おじー・おばーが知り合いに自慢するぐらいの喜びようであると思います。「敬老の日」前には、孫の大特訓ですね! 😆

◇例文

ちゃー・がんじゅー・しみそうれー play
[いつも元気でいてください]

いちまでぃん、ちゃー・がんじゅー・しみそーりよー play
[いつまでもお元気でいてくださいね]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

敬老の日敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている日です。9月15日を敬老の日としていましたが、祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度により、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となっています。また、老人福祉法の改正により、2002年から9月15日を老人の日、同日から21日までを老人週間と定めています。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




いめんしぇーびり

[いらっしゃいませ]

いめんしぇーびり「いめんしぇーん」は、[おいでになられる、いらっしゃられる]で、[いる・行く・来る]の敬語になる“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

「めんそーれー」より、ちょっと格式高い場所・雰囲気での丁寧な言い方になります。三つ指をついての迎えるような、物腰が柔らかく優しい言い方で、「いめんしぇーびり」は首里では普通に使われるおもてなしの言葉のようです。

「いめんしぇーびり」[いらっしゃいませ]と「めんそーれー」[いらっしゃい]の違いをしっかり区別したら、その場に応じたお客様のおもてなしができますよ。
さらに、「お入りください」というときは、「いみそーれー」といいます。

◇例文

いめんしぇーびり play
[いらっしゃいませ]

いめんそーり
[おいでください]

いめんしぇーん play
[おいでになる]

いみそーれー
[お入りください]

おとー・や、いめんしぇーびーが・やーたい play
[お父さんは、いらっしゃるかな?]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

いめんしぇーびり「いめんしぇーびり」[いらっしゃいませ]は、「接客用語」として最初の言葉になりますね。接客の基本として、3つの「態度」を意識すれば、よくなるそうです。
1.表情 (笑顔で)
2.声のトーン (高く、強い声のトーン)
3.お辞儀 (会釈
接客業の人だけでなく、日常生活で実践していくと、楽しい気持ちでコミュニケートできるんじゃないかなぁ、と思ったりします。(自分に言い聞かせています…)

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ