About

Posts by :

めんそーれー

[ようこそ、いらっしゃい]

めんそーれー那覇空港や国際通りなど、うちなーの観光地でよく見かける“うちなーぐち”(沖縄方言)です。英語の「ウェルカム(welcome)」と同様で、歓迎と表したいときに、ぴったりで「いらっしゃい」と威勢よくお客様を迎えたいときに使っています。
「めんせーん(めんしぇーん)」は「来る」の敬語で、命令形が「めんそーり」[おいでなさい]となり、さらに、それを柔らかくしたのが「めんそーれー」になっています。

厳密に言えば「めんそーれー」は[おいでなさい]という意味なので、[いらっしゃい]とは違います。例えば、自分が外で知り合いに出会い、自宅へ遊びに誘う時に「めんそーれー」[おいでなさい]という言い方はあっていますが、自宅にいるときに「めんそーれー」[おいでなさい]と言うのは変なのです。もう到着しているのに[おいでなさい]と言われても…。
「めんそーれー」が[いらっしゃい]と認識されるようになったのは、1975年の沖縄海洋博のキャッチコピー「めんそーれ沖縄」で使われるようになってからです。観光業的には、この戦略は成功と言えるでしょうが、副作用として言葉の意味は変化してしまいました。

◇例文

はいさい、めんそーれー play
[はぁい、いらっしゃい]
(お客様を迎えるとき)
「はいたい、めんそーれー」とは、聞いたことないな~(^^ゞ)

またん、めんそーれー
[また、いらっしゃい]
(お客様を送り出すときのさよなら的言葉)

めんせーん play
[おいでになる]

めんせーんが・やー
[おいでになるでしょうか?]

だー、おとーは・めんそーらに play
[ね、お父さんは、いないの?]

まーんかい、めんそーちゃが? play
[どちらへ、出かけたの?]

めんそーち・くぃみそーり play
[いらっしゃってください]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

沖縄国際海洋博覧会沖縄国際海洋博覧会は、1975年に沖縄県の本土復帰記念事業として開催されました。

目標450万人に対し最終的には約349万人と予想を大幅に下回っため、海洋博を当て込んで過剰投資を行った建設業などの倒産を引き起こし、沖縄では「海洋博不況」と呼ばれる深刻な経済不況に陥りました。復帰直後の「起爆剤」ならぬ「自爆剤」とまで比喩されたほどです。

その後、国営沖縄海洋博記念公園として整備されました。特に、復帰30周年事業として2002年にオープンした「美ら海水族館」が、現在沖縄観光の目玉として賑わっています。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




ちゅー・うがなびら

[こんにちは]

ちゅー・うがなびらちゅー=今日
うがむん=拝(おが)む
「今日拝なびら」を直訳すると[今日お目にかかります]ということから、「こんにちは」と訳される“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

「うがむん」は、(1)拝(おが)む、(2)「んーじゅん」[見る]の敬語で、拝見する、お目にかかるという意味です。…ですので、目上の人に対して使う「こんにちは」になり、「はいさい・はいたい」より丁寧な挨拶となります。

「拝(おが)む」とは、顔や胸の前で手のひらと指を合わせて、仏・菩薩などを拝む仏教の礼法をいいます。ちなみに、沖縄では「うがんじゅ(拝所)」と呼ばれる加護や繁栄を祈願する場所があり、多くは神が依りついたとされる聖域となっています。うちなー版パワースポットといったところでしょうか…。

◇例文

はいさい、ちゅー・うがなびら play
[はぁい、こんにちは]

はいさい、ぐすーよー・ちゅー・うがなびら play
[こんにちは、皆さんご機嫌いかがですか?]
ぐすーよー=皆さん(大勢の人に呼びかける言葉)

うがまち・うたびみそーり play
[拝見させて下さい]
うたびみそーり=~してください

ちゅーや、いー・うふぁなし・うがなびたん play
[今日は、いい話を伺いました]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

うがんじゅ(拝所)パワースポット(power spot)とは、地球に点在する特別な「場」のことで、エネルギースポット、スピリチュアルスポットなどともよばれます。日本では「聖地」「霊場」といい、その場所に行くことによって、不思議な力を感じたり、元気になったり、健康になったりするような気がするそうです。

いわゆる自然崇拝や信仰の対象となる場所で、大きな岩や湧き水、滝、洞窟などがあることが多く、最近では神社なども該当するようです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




はいさい

[やぁ、はーい、こんにちは]

はいさい出会ったときの挨拶で、朝でも昼でも晩でも、いつでも使える便利な“うちなーぐち”(沖縄方言)です。

「やぁ、元気?」「久しぶり」「どうも~」「ハロー」「アロハ~」の似ていて気軽に使えます。[こんにちは]とよく訳されますが、昼ならいいのですが、朝なら「おはよう」、夜なら「こんばんは」と臨機応変に訳してね。

最近は、女性も「はいさい」と言っている人が増えていますけど、女ことばである「はいたい」を使う方がいいでしょうね。ここが「うちなーぐち」をよく知っているかのポイントになります。ただ、地域によっては、男女とも「はいさい」を使うところもあります。こういう微妙なところが難しいんですね~、“うちなーぐち”(沖縄方言)って…。

英語の「ハロー」、フランス語の「ボンジュール」、中国語の「ニーハオ」も、「はいさい・はいたい」と同じように、朝・昼・夜いつでも使える挨拶なんです。日本のように「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」ときちんと区別している方が世界的には少数派のようです。

挨拶する時に、「はいさい」だけで物足りないと感じますので、状況に応じて適当な語句、相手の健康状態や天気のこととかを補えばいいでしょう。

◇関連語

はいさい (男ことば) play
はいたい (女ことば)
[やぁ、はーい、こんにちは]

◇例文

はいさい、元気やみ play
[はぃ、元気かい?]

はいさい、ちゃーがんじゅー・そーみせーみ play
[こんにちは、ずっと元気(健康)ですか?]

はいさい、いい・てぃんち・やーさい play
[やぁー、いい天気ですね]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

変なおじさん「ハイサイおじさん」は、沖縄のミュージシャン「喜納昌吉&チャンプルーズ」の代表曲(1976年)で、沖縄民謡のリズムや音階をベースにした非常に明るく踊りやすい楽曲であり、いわゆるウチナーポップの先駆者的な楽曲となっています。この曲は、高校野球応援団の定番曲(沖縄県)であり、夏の風物詩となっています。さらに、志村けんの「変なおじさん」はこの曲の替え歌として非常に有名ですね。

◇YouTube

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ