About

Posts by :

くぬっちゅ/くぬひゃー

[この人、こいつ](人称代名詞/三人称 3)

くぬっちゅ/くぬひゃー「くぬ/うぬ/あぬ」[この、その、あの]は“うちなーぐち”(沖縄方言)の指示代名詞ですが、その言葉を使って「人」を表す表現があります。
△△+ちゅ   :敬いを表していて、目上に対しての言い方
△△+ひゃー :罵った、バカにした言い方
一方は【敬い】を、一方は【バカ】にした表現なので、間違わないでくださいね。
「△△+ちゅ」は大人が使い、「△△+ひゃー」は中高生の時期に友達に対して使う感じですね。
また、「△△+ひゃー」は女性が使うことはほぼないです。

くぬっちゅ play [この人] 「くぬっちょー」ともいう
うぬっちゅ [その人]
あぬっちゅ [あの人]
くぬひゃー play [こいつ、この野郎]
うぬひゃー [そいつ、その野郎]
あぬひゃー [あいつ、あの野郎]

「いゃー・ひゃー」は、2人称での[この野郎]になります。
また、男と女を区別する表現としては、次のような言い方もあります。

あぬ・いきが play [彼、あの男]
あぬ・いなぐ [彼女、あの女]

◇例文

くぬっちゅ・とぅ、まじゅん・やれー、ぬーぬ・しわん・ねーん play
[この人と一緒なら、何の心配もいらない]
まじゅん=一緒
しわ=心配

くぬっちょー、したたか、ゆんたかー・やいびーん play
[この人は、とてもおしゃべりです]

うぬっちゅ・や、まっとーばー・やいびーん play
[その人は、正直者です]

あぬっちゅ、いーっちゅ・やんよー play
[あの人は、いい人ですよ]

くぬひゃー、なちぶさー・やたん play
[こいつは、泣き虫だった]

うぬひゃー・や、たっくるしぇー play
[そいつは、叩き殺せ]
怖い表現ですが、単に「やっつけろ」「こらしめろ」の意味で、泣かす程度のことです。

あぬひゃー・や、いっぺー・うーまくー・やたん play
[あいつは、とてもいたずらっ子だった]

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

冷たいそのほかの「△△ひゃー」という“うちなーぐち”(沖縄方言)です(画像とは関係なしw)。
ありひゃー
[驚く光景を見ている人が、驚いたことに発する言葉]
えーひゃー
[なんてことするんだ!というときに発する言葉]
とーひゃー
[驚き、喜び、当惑したときに発する言葉]

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




くま/うま/あま

[こちら、そちら、あちら](人称代名詞/三人称 2)

くま/うま/あま「くり/うり/あり」の敬語になります。「い行」 → 「あ行」へ繰り上がって、敬語になったと思えば、少しは覚えやすいでしょうか・・・。

敬語といっても、あまり親しくないような関係で使いますので、がちがちの敬語とは違い第三者を表す“うちなーぐち”(沖縄方言)として、よく使われます。

◇関連語

くま play [こちらの方] 近称[こちら]
うま [そちらの方] 中称[そちら]
あま [あちらの方] 遠称[あちら]

また、「伸ばす」と「△△+や」の融合した形で、[△△は]となり、「くれー/うれー/あれー」の敬語になります。

くまー play [こちらの方は] 近称[こちらは]
うまー [そちらの方は] 中称[そちらは]
あまー [あちらの方は] 遠称[あちらは]

さらに丁寧な言い方で、

くがた play [こちらの方] 近称[こちら]
うがた [そちらの方] 中称[そちら]
あがた [あちらの方] 遠称[あちら]

となります。日本語訳は同じになっていますが、「○○+方(かた)」となっていますから、方向を指し示しながらの話し方になる感じですね。

◇例文

いなぐぬ・うやや、くま・やいびーん play
[お母さんは、こちらです]
いなぐ=女
うや=親

うまぬ・やーにんじゅー、むる・でぃきやー・どー play
[そちらの家族は、全員優秀だよ]
やーにんじゅー=家族、家族の人
むる=全部、全員
でぃきやー=優秀な人、かしこい人

あまぬ・ちゃくし、はたらちゃー・やいびーん play
[あそこの長男は、働き者ですよ]

くまー、たー・やみしぇーびがやー play
[こちらの方はどなたでいらっしゃいますか?]

うまー、えーきんちゅ・やん play
[そちらの方は、お金持ちです]
うぇーきんちゅ=お金持ち、財産家

あまー、さち・なとーんびーん play
[あちらが、先になっています]
さち=先

◇うちなーぐち・沖縄方言・手動連続再生

うちなーぐち・ウチナーグチ・沖縄方言・手動連続再生

◇メモ

宮古馬うちなーぐち知らない人が、「くま/うま/あま」と聞くと、
・猛獣の熊(くま)
・走る馬(うま)
・女性の尼(あま)海女(あま)
を思い浮かべるでしょうね。

ここで、沖縄の馬の豆知識を~
沖縄で「馬」というと、与那国馬宮古馬になります。昔は丈夫で性格も良い農耕馬として活躍していたそうですが、戦後の機械化によりどちらも絶滅寸前の危機にさらされています。与那国馬や宮古馬の2種類は、日本全部で8種類しかいない在来馬に含まれていて、さらに宮古馬は沖縄県の天然記念物(1991年)に指定されています。“うちなーぐち”(沖縄方言)と同じように保存に努められている方々がいらっしゃるんですね。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




第35回 てだこ祭り -2012-

浦添の夏の風物詩

第35回てだこ祭り-2012-浦添市の『てだこ祭り』を見てきました。
なんと20数年ぶりに行ったのですが、てだこ祭りの公式サイトもあり情報の事前確認もしやすいからいいですね~。
まつりの中身も、昔とはだいぶ変わり多彩なイベントが盛りだくさんです。前夜祭「ひぃーやー祭々」、「文化協会舞台芸能」、サマーヤングフェスタ「Fighting of Music 2012」、「よしもとお笑いオンステージ」、「ちびっこカーニバル」、「ゲストコンサート」など。
今回は、「浦添三大王統まつり」(太鼓カーニバル)と「大花火ショー」をターゲットに絞り、見てきましたよ。

「浦添三大王統まつり」は、浦添・琉球王朝の時代を表現したさまざまな琉球芸能をメインに、ハワイ芸能・中国演舞もありで、総勢1,000名による壮観なショーになっていました。(市民参加型のまつりと実感!)
基本的に、大勢の人混みにまみれるのは嫌いな方なのですが、「まつり」は別ですね~。また、十数年も那覇に住んでいて、浦添に戻り地域のまつりに参加することで、地域への帰属意識といいますか、郷土愛もめばえてくるのかな・・・と思ったしだいです。
また、今年購入したCASIOのデジタルカメラで、本格的に初めて「夜景撮影」したのですが、「おおっ、さすがに、じょーとーやしぇー!」と思ったのでした。

「浦添三大王統まつり」(太鼓カーニバル)

第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-
第35回てだこ祭り-2012-

 

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ