About

Posts by :

第37回 てだこ祭り -2014-

浦添の夏の風物詩

第37回 てだこ祭り 2014浦添市の『てだこ祭り』に行きました。
1日目の「浦添三大王統まつり」をメインに、ゲストコンサート、中国泉州市少年交流演舞、てだこ火点火式、てだこレディ発表、そして、花火ショーを楽しみました!(7月19日の様子)

てだこレディの制服は、メインカラーが“黄色”と決まっているそうで、浦添の繭から生まれる糸で織られた「うらそえ織」で作られていることを初めて知りましたよ。“ちゅらかーぎー”なのかは、遠すぎて判別できませんでした 😉

「浦添三大王統まつり」では、今年は、“太鼓が、いっぺー・ちびらーさたん”
エイサーや、空手、書道でも共演(?)していて、太鼓のパフォーマンスが際立っていましたよ!最後は観客も一緒にカチャーシーして会場は盛り上がっていました。そして、クライマックスの「大花火」が夜空を彩ったのでした。
個人的に、かでかるさとしのじょーとー司会・ナレーションで、とても楽しめましたし、うちなーぐちの上手に使いこなしているな~と、さすがプロと思った次第です。

夏休みのスタートとしての「てだこ祭り!」でした。

てだこ祭り1日目

第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014
第37回 てだこ祭り 2014

アウトドア&スポーツ ナチュラム

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】




たまし・ぬぎたさ (感嘆詞・驚き7)

[魂が抜けたよ → びっくりしたさ]

たまし・ぬぎたさ=魂が抜けたよ今回は、「感嘆詞」ではないですが、“うちなーぐち”の「驚きの表現」を集めてみました。

死ぬほどびっくりした、というのを、沖縄では「たまし・ぬぎたん」[(体から)魂が抜けた]と言います。
例えば、うちなーの大きなゴキブリ(ヒーラー)が、目の野前に飛んできたときや、子供がけがしたことを聞かされた時など、瞬間的な驚きのあと、落ち着いたところで、「たまし・ぬぎたさ」[魂が抜けたよ → びっくりしたさ]と少し安堵感を込めて出てくる“うちなーぐち”です。

◇例文

たまし・ぬぎたさ
[魂が抜けたよ → びっくりしたさ]

あきさみよー、たまし・ぬぎたん!
[あぁー、びっくりした!]

まぶい・うとぅちゃん
[魂を落とした → とても驚いた]

でーじ・しかます!
[とても、びっくりした]
しかむん=おじける、びっくりする

でーじ・どぅまんぎたん!
[とても、びっくりした]
どぅまんぐぃゆん=うろたえる、あわてる、狼狽する
どぅまんぐゎすん=うろたえさせる、あわてさせる

◇メモ

タマシーとマブイ難しい「タマシ」「マブイ」
タマシ : 魂、精神、人としての心
マブイ : 霊魂(肉体と別に、肉体から遊離したり、死後も存続すると考えられている魂のこと)、“マブヤー”ともいう。

「タマシー」は死んだ人の霊魂で、「マブイ」は生きている人の霊魂という説明を聞いたことはあるが、その区別だけで使用しているようには思えない。いわゆる“テーゲー”で、ごちゃ混ぜで使っているように感じます。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

デル株式会社




犬とぅ猫

いん・とぅ・まやー

犬とぅ猫=いん・とぅ・まやー

[犬と猫]

犬とぅ猫(いん・とぅ・まやー)「いん・とぅ・ まやー」 直訳すれば犬と猫
イヌとネコが出会えば、にらみ合ったり、すぐ喧嘩するように、仲の悪い者同士を例えた“くがに・くとぅば”(黄金言葉)になります。

「犬猿の仲」と全く同じ意味で、
沖縄では仲の悪いたとえは、「犬と猿」ではなくて、「犬と猫」になります。ペットのイヌとネコは別として、野良犬と野良猫は確かに仲は良くないですよね。犬と猫は、出会えばすぐに背中の毛をさかだて、低いうなり声を出してにらみ合います。

人はそれぞれ様々、皆違いますから、仲が良い人もできれば、仲の悪い人もいます。その中でも本当に相性が悪く、常にお互いに悪口を言い合ったり、イヤイヤ・オーラをプンプンとだしまくりの人がいるものです。そのような、とても仲が悪い状態を、犬と猫に例えているのです。

あぬ・たい・や、“いん・とぅ・まやー”やさ
[あの二人は、“犬と猫”だ]

まわりから、このようにいわれると、最悪です。
しかしながら、親族や職場でも、“犬と猫”のような深刻な仲の悪い関係の人がいますよねぇ・・・。

仲の悪い象徴として、本土では「犬と猿」、沖縄では猿がいないから「犬と猫」と、身近な動物に例えたと思われます。ちなみに、英語圏では “like a Cat and Dog” =『犬猫の仲』ということから、例え方は“うちなー”と一緒になっています。

◇類義語・ことわざ・言い回し

犬猿の仲

水と油

ハブとマングース

◇メモ

犬猫殺処分ペットブームに潜む裏側として、年間に殺処分される数・・・

犬は約10万頭
猫は約20万頭

沖縄での殺処分数は、人口比で全国4位となっています(2011年度)。
「引っ越すから」「子供がアレルギーだったから」「(飼い主が)年をとって面倒をみれなくなったから」と、無責任な理由によってペットを手放す飼い主がまだまだ多いのが現状だそうで、“かわいい”だけで安易に飼ってはいけませんよ。

ペットショップに行く前に「里親」検討を!そして、「最後」まで飼育を!

ペット里親募集HP 「ペットのおうち」

デル株式会社


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ